CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
うっとり氏

今になってビートルズの資料を読んだりして、本当に私はビートルズのことをあんまり知らずに聴いてたんだなあと思う。

 

5人目のビートルズ、最後はプロデューサーのジョージ・マーティン氏です。

デビュー前、あらゆるレコード会社に契約を断られ続けていたビートルズのテープが、当時EMI傘下のパーロフォンというレーベルでA&R(アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当する仕事だそうです)の仕事をなさっていたジョージ・マーティンの手元に紆余曲折を経てまわってきて、それを聴いてどこか心惹かれるものを感じた。

これが出会いだそうです。

 

彼が携わった音楽をこんなにたくさん聴いてきたのに、私がジョージ・マーティンについて知っていたことは、元はクラシックの専門だったらしいということくらいでした。

アルバム「アンソロジー1」のライナーノーツによると、ビートルズに会ってみることを決めたとき「ここで なにが起こっても、私には失うものなどなにもない」と考えたそうなので、彼も当時はだいぶくすぶっていたのではないかしらね。。

てっきりクラシックレコーディング界ですでに成功なさってたかたなのかと思っていたのですけど、違うのかもしれません。

 

画像検索したり、YouTubeで映像を観たりした印象は偉そうな雰囲気は全然なくて、常に真剣に考え込んでいる、録音した音楽を再生して視聴しているような写真なんかとてもうっとりとした表情で、本当に音楽が好きなんだわあと感じたのでした。

 

ビートルズのオーディションからデビューまでの期間、メンバーたちと関係性を築いていくなかでジョージ・マーティンは曲の最終的な決定権をビートルズに与えることに決めたそうです。デビューシングルもはじめはジョージ・マーティンの方で用意した曲があったのだけれどジョンとポールのオリジナル曲を使いたいという希望を叶えて「Love me do」になりました。

リバプールの不良じみた若造のバンドだった(しどい言い方してごめんなさい)彼らの意思を尊重していくと決めるのは、勇気も要ったのではないかしらん。

でもそれによってビートルズは自由に本来の、もしかしたらそれ以上の能力を発揮できたような気がします。

 

ジョージ・マーティン氏。今年の3月に90歳で亡くなってしまったけれど、ビートルズを見つけてくれてその音楽に影響を与えて、他にもたくさんのミュージシャンのプロデュースもなさってるし、その音楽から影響を受けたあらゆる人たちが新たな音楽を作って・・・と考えると彼が残したものがどれくらいなのか果てしなくてわかりません。

ただただ尊敬と感謝です。

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

 

| 音楽 | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋の色

 この時期になると毎年マフラーを編もうと思うのですが、どんなデザインにするか、ひとひねりしたいな、なんて考えているうちに編まずに冬が終わっちゃうのです。今年こそは編みたいな。

5人目のビートルズはあと一人描かせていただこうと考えてますが、今日は一休み。

このところ野菜の値段が高いのでなんとか工夫して凌いでます。できるだけ安いところを探して少し遠くても自転車で買いにいったりして。先日は路面で野菜を販売しているところで、サツマイモ買いました。

大きめのサツマイモ3つで200円。安いでしょ?紅はるかという種類だそうです。蒸かしてみたらホクホクというよりはしっとりしててお上品なお味でした。次はお砂糖とレモンで煮てみようかな。

写真のリンゴはこのところお気に入りのトキというリンゴ。こちらは近くのスーパーで「わけあり」と書かれた袋にたくさん入って400円くらいだったので買っちゃいました。このまえ買った他のリンゴがあって、トキはまだ食べてないですけど、去年食べた時は 梨っぽくておいしかったので今年もおいしいはず。

小腹がすいた時のお楽しみです。

こうして見ると野菜も果実も紅葉みたい、秋の色。

 

 

追記 紅はるかはお砂糖とレモンで煮てもおいしかったですけど、斜めの輪切りにしてガスレンジの魚焼きグリルで両面を焼いてお塩で食べたらもっとおいしかったです。干し芋の一歩手前みたいな食感でしたよ。

リンゴのトキは思った以上においしかったです。たまたま買ったものが良かったのかもしれないけれど、いままで食べた中でも特に味が濃くて甘かった〜。

ごちそうさまでした。
 

 

 

| 食べもの | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
元メンバー

寝る時は腹巻きが欠かせないこのごろになりました。

腹巻きって下から穿くものかな、上から着るものかな。私は下から穿いてます。

 

世に何人かいらっしゃる「5人目のビートルズ」と言われる人を絵に描いてみようと思い立って画像検索しているうちに、いろんな記事や写真に気を取られ、 脱線してます。10代の頃からのビートルズファンだったくせに知らなかったことだらけで、いままで私が思ってたビートルズとは別のビートルズに会っちゃったような不思議な楽しみ味わってます。

 

ビートルズのことを研究なさっているようなホームページってたくさんあるんですね。本当に細かく詳しく書いてらっしゃるところもあって、ついつい見入ってしまいます。(こちらのビートルズ詳解さま、すごい。)

いままで私は上辺だけで楽しんでいたのかな。今更ですがビートルズのこと勉強したくなりました。

 

さてさて。

「5人目」と言われてる人、いきます。元メンバーだったスチュアート・サトクリフ氏。ベース担当!

みんなからはスチュと呼ばれていたそうです。

スチュとかエピーとかあだ名つけてるとこがかわいらしいな。

スチュアート・サトクリフで画像検索すると、今風のイケメンの画像がたくさん出てきてビックリでした。今まで私はリーゼントでサングラスの彼しか見たことなかったです。まるで少女漫画の憧れの先輩みたいで、ぜんぜんうまく絵にできなかった。

 

彼はリバプール芸術大学時代の学友ジョンと親友になってビートルズに入ったけれど楽器はあまり上達しなかったとか。

絵の才能があって、バンドをやめて画家の道を歩み始めた頃、21歳で脳出血で亡くなってしまいました。

「BEATLES」というバンド名は彼のアイデアだったり、マッシュルームカットは彼の恋人で写真家のアストリッド・キルヒヘルが当時芸大生の間で流行っていたヘアスタイルをみんなに教えたものだったりと、彼はビートルズの根本に大きく関わっている人物なのでした。

後にジョンは彼を「もう一人の自分のような存在だった」と語っていたそうです。

 

そしてもう一人の「5人目」の元メンバー、ピート・ベスト氏。ドラムス担当!

彼もかなりのイケメン!画像検索はこちらです。

ですが、ビートルズのデビュー直前になって脱退させられてしまいました。理由はいろいろ検索してみましたけど、よく解りませんでした。

やっとのことで受けたレコード会社のオーディションの後、彼だけ解雇になったようです。

他のメンバーも気まずかったようで本人にそのことを直接伝えられず、マネージャーのエピーに言ってもらったのだとか。後にこの事についてジョンもポールも卑怯だったと反省していたそうな。

 

ピートの解雇後、数ヶ月間は新しいドラマーが決まらなかったようで、それを考えると解雇はレコード会社の希望だったのかなと思ったりしてます。

そして、別のバンドのドラマーでビートルズと交流のあったリンゴが新メンバーになりました。(リンゴはビートルズに入るずっと前にハンブルクで道に迷っているところを偶然スチュアート・サトクリフに出会ってカフェでごちそうしてもらって助けてもらったことがあるそうです)

リーゼントのせいもあってとんがったイメージもあるピートから、ちょっとコミカルでスウィートな感じのリンゴに替わって、バンドのイメージはだいぶ取っ付きやすくアイドルっぽくなったような気もします。

 

ピートはビートルズの中でもかなり人気があったそうで、解雇されたときは不服に思って怒ったファンが多かったのだとか。

ピート自身もかなり悔しい思いをしたのではないでしょうか。

彼はその後、新たなバンドを組んだりして現在もドラマーとしてご活躍なさってます。

 

ビートルズの成り立ち。

デビュー前、マネージャーになったエピーはロンドン中を歩き回ってレコード会社に売り込んだけど、テープを聴くだけで断られまくり。ビートルズのメンバーはもうレコーディング契約はできないんじゃないかと自尊心は傷つくし不安になっちゃって、エピーも意気消沈していった‥そんなころがあったなんて、少し励まされる思いがした。

運命の出会いと別れがあって、だけどその時はまだその先のことを知らない人たちが一日一日を生きているんですね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

| 音楽 | 00:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
純度

我らがベイスターズ、夢のCSファイナルに負けましたけど最後まであきらめない姿勢に感動をいただきました。私もがんばるぞ。

カープ本当に強いな、おめでとうございます。日本シリーズ応援します。

 

昨日は知恵熱が出そうだなどと書かせてもらって、今朝ほんとにちょっと熱が出てしまいました。でもたぶん風邪です。

このところ服装のチョイスを間違えて寒かったりしたからだなきっと。

しっかり寝て治します。

 

気になっていたエピーとジョンのことは噂なので、 不確かな情報をここに書いてどなたかが信じてしまったらいけませんから、これ以上は詮索したりして書かないようにします。

でもこれが本当だとしても私はなんだか嬉しいです。

ビートルズの音楽のイメージが違う角度でもういちど楽しめそうだもの。

あと今回思ったのは、ご本人のインタビュー記事だとしても、訊いた人が文字にした時点で(その時の声も顔の表情も身振り手振りも省かれて)既に「そのまま」ではなくなっていて、そのうえ、この場合言語が英語なのでそれを翻訳したものを私が読むとなると、ここでも少し純度が下がるのかなと思いました。私自身の理解力も関係しちゃいますしね。たとえばポールの発言の「親密」も受けとめ方がいろいろで難しい言葉だったかも。お国柄の違いもあるし。

難しい。

悩ましいわあ。

ともかく、私は英語を勉強して純度を少しでもあげたいなあと思ったのでした。

そしてイギリスへ行きたい。

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

 

| 音楽 | 03:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
知らなかった噂

ベイスターズ、CSファイナルステージで一勝できてよかったですね。なかなかできなかった経験を次々と積んで、さらに進化していくようで眩しいです。

 

さてさて、前回の記事で書かせていただいたビートルズの映画 EIGHT DAYS A WEEK を観ていて、リンゴも可愛かったんですけどマネージャーのブライアン・エプスタイン氏もとても気になりました。いままで私は映像で彼が動いている姿をまじまじと拝見したことなかったかもしれません。クールな大人の男性と思っていたのですけど、映像ではなんとなく、恥ずかしがりやでチャーミングなおぼっちゃまという感じに見えました。

彼はビートルズがまだ世界に知られる前にマネージャーになって、街のクラブで革ジャンを着てお行儀悪く演奏していた彼らにスーツを着せて世に出した人です。メンバーがもうライブツアーをやらないと決めた翌年、32歳で謎めいた感じの亡くなり方をしてます。精神安定剤のような薬による偶発的な事故とのこと。

映画の中ではビートルズと出会ったきっかけを話す映像があったと思います。

さすがと思ったのが、アメリカツアーのときに取材を求めてきたジャーナリストに彼はツアーへの同行を誘ったそうで、おかげでツアー中は毎日のようにテレビのニュースでビートルズのことを報告されていたみたいで、すでにビートルズ人気はたいへんなものでしたけど幅広いプロモーションになったのではないでしょうか。おっとりしてるようでいて、できる男なのです。

 

描いてみたくなって検索していろんな画像を観ていたら同時にいろんな情報が目に入りまして、なんですって、ジョンと‥ジョンレノンと彼は、噂があったんですか。

そんな噂、全然知りませんでした。だって私が頼りにしてた「ビートルズ事典」香月利一さん著、立風書房、1974年第一刷発行(私のは1979年版です)にはそんなこと全然書いてなかったんだもん。

検索して読んだ情報のどこまでが事実かは分かりませんけど、63年の休暇中にエピー(彼の愛称だそうです)とジョンは二人でスペイン旅行に行っていて、それが噂のもとになっている様子。そのスペイン旅行のことが『僕たちの時間』っていう映画にもなっていたんですね、内容は架空の物語だそうです。

ポールが二人はプラトニックな関係だったよなんて語っている記事も発見。そういえば今回の映画のなかでも、ポールが当時のビートルズを「親密な仲」だったと話していたような記憶もあり、なんだか混乱してます。

長いことビートルズファンだったはずなのに、そんなことまったく知らなかった。

でも、なんとなくずっと前からジョンの歌詞やイメージに小さな違和感をもっていてそれに私が蓋をしていたようにも思えてきたりして、ちょっと謎が解けて行くような感覚でもあります。

いずれにしても私のなかでビートルズがもっと深まりました。

これから曲の聴き方もいろいろ広がっちゃうなあ。

それにしても、こんな刺激的な噂を中学生の頃の私が知ってたら人生が少しかわってたかな、ひとまず知恵熱出して寝込んだかも。

 

来年はエピーの没後50年になるんですね、現在彼を主人公とした映画が制作されているそうな。

主演はベネディクト・カンバーバッチとのこと。当然ビートルズのメンバーも出てくるでしょうけど、どなたが演じるのでしょうね。希望としては今のUKロックバンドから選んでもらいたいな。

 

 

 

 

| 音楽 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライブの記録

キングオブコント、 去年のような衝撃はなかったですけど今年も面白かったです。しずるの2本目のコントも見たかったなあ。。

 

先日、ビートルズの映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』を観てきました。ビートルズのライブ活動に焦点をしぼった内容で、当時の映像と一緒に現在のポールとリンゴの証言、関係者や当時ファンで今は有名人となった人たちの証言、その頃の時代背景も交えて、ビートルズの結成から解散までの「ライブ」の状況が解りやすくまとめられていたと思います。どのような流れのなかで1966年にもうライブをしないことにしたのか、なんとなく肌で感じられたような気がしました。

私は長いことビートルズファンで一時期ファンクラブにも入っていたのでいろんな写真や映像も観たことはあったし、社会現象になったことも分かっていたつもりでしたけど、映画の中で当時のニュース映像なのかな?チケットを買うために街角の道という道にファンがあふれそうなほど集まっていたり、ツアー先の空港に着けば大歓声、記者会見もものすごい数の報道陣、みんなどうかしちゃってる‥と思ってしまうほど、本当にスゴかったんだなあと驚きました。

ライブツアーが終わればレコーディング、レコーディングが終わればツアー、合間に映画撮影、家に帰れば自宅の前にもファンがいっぱい。・・・どんな気持ちか想像できない。

 

あと、思っていたよりも4人はとっても仲が良かったのが印象的でした。当時のインタビュー映像でもそれぞれが誰かの発言をカバーしあっている様子もあったりして、なんだか嬉しかったです。

 

監督はロン・ハワード氏。

映画本編のエンドロールの後で30分間、 66年(ごめんなさい訂正します)65年のニューヨーク、シェア・スタジアムでのライブが上映されます。

この年、世界で初めての野球場でのライブで音響設備の整わないなか、悲鳴のような歓声、グランドを走り回るファンたちを目の当たりにしながら、自分たちの演奏を誰も聴いてないと思うようになってしまったと言ってたけど、その音源と映像はちゃんと記録されていて、今私たちがしっかり聴いてますよと当時の彼らに伝えたくなります。

そんな状況のなかでも、その演奏はとても丁寧で、ジョージ・マーティンと磨き上げたレコーディングの音にとても忠実だったこともわかって、一曲が終わるごとに深々とお辞儀をしてて、泣けちゃいます。

 

中学生の頃の私はポールのファンでしたけど、おばさんになってからはリンゴが可愛くてしょうがないです。

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

 

 

| 映画 | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
番長ー!!

ハマの番長こと三浦大輔投手、今日引退試合テレビで拝見しました。

私はヨコハマの先発ローテーションには三浦投手がいて当たり前と思っていて、これからもずっと投げてくれるものだとぼんやり思い込んでいたんだなと今になって気づいて、引退なさる日が来てこんなに寂しい気持ちになるなんて思いませんでした。

引退の日が来るなんて。

引退セレモニーもテレビ神奈川で放送してくれて、球場で上映された映像で権藤さんがコメントしてらして、懐かしくって涙出ました。感動!矢沢永吉さんまでコメントを寄せてらしてびっくりでした。

 

三浦選手、大洋ホエールズ時代からの最後の選手なんですね。

いつも番長が投げる日はわくわくして特別な試合という感じだったな。

チームが本当に厳しかったとき、主力選手がどんどん他の球団に移籍していってもうダメなんじゃないかというとき、残ってくださったことがありがたかったです。ずっとヨコハマにいてくださって本当に本当にありがとうございました。

これからもずっとヨコハマをよろしくお願いします。

 

書き忘れちゃった、追記。今日の対戦チーム、スワローズのみなさんもありがとうございました。

プロ野球っていいですね。

スペシャルサイト永遠番長もみつけた。

 

 

 

| そのほか | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
水ぶくれ

こないだ雨降りで泣き言書いちゃったんですけど、翌日お天気が晴れてて思う存分お洗濯して気分も晴れました。

天気予報では晴れ間もあるかも…くらいな感じだったと思うんですけど、神奈川はりっぱに晴れで助かった。お日様ってありがたいな。

 

今日(26日)も晴れて、用事もあって久々に歩き回ったりしたらですね、みごとに靴ずれになってしまいました。

たくさん歩くの分かってたのに調子に乗ってヒールちょっと高めのサンダルなんかを履いてしまって、足の指からかかと、足の裏まで、両足。

歩いているときも痛いなとは思ってましたけど、ウチに帰って目で見て確認して、これでよく歩いてたなと我ながら感心してしまうほど。いま絆創膏だらけです。

 

足の小指のところは見事な水ぶくれになっていて、これを見るといつも頭とかほっぺがふくれた金魚を思い出すのですが(こちらのような)、金魚の膨らんだ部分のなかみは靴ずれの水ぶくれのなかみと同じくリンパ液なんですって。だから似ているのか。

 

しかし参りましたなあ。

両方の足の裏も水ぶくれなので、裸足でも歩きにくいです。

私も水中で泳いですごせたらいいのですけど。。

なんとかして早く治さなきゃ。

 

そんなんですが、歩く先々の金木犀の香りで良い気分転換になりました。

 

 

| そのほか | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨だけど

今日(24日)のジャイアンツvsベイスターズ戦よかった。

見事な大逆転でベイの勝利、三嶋投手のバッターボックスでの粘った大振りジーンときちゃいました。

良い勝ち方でしたよね。雨の中ありがとうございました。。

 

雨、毎日よく降ってお洗濯物も乾かず空も薄暗くて滅入りそうですけど、秋の雨は樹木や草花に実を付けたり種を作ったり、または来る冬に耐えてその先の春に輝くための準備に欠かせないものなのかもしれないと考えてみたりして、もう少し我慢できそうな気がします。

 

 

 

| そのほか | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
B組

このところ急に肌寒くなったような気がしますけど、9月ってこんな感じでしたっけか。ついこの前いまどきのかき氷をはじめて食べて感動したばっかりなんですけど。

 

プロ野球の話でAクラスとかBクラスなどと書いていたら、もうひとつ好きなテレビ番組を思い出しました。

まだ数回しか観てないですけど、万年B組ヒムケン先生面白いです。

THE DEATH BANDがスゴいのDEATH。

深夜の番組なので録画して楽しんでます。校歌もいいのよね。

 

今年のキングオブコントも楽しみだなあ。

 

 

 

| そのほか | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/60PAGES | >>