CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 純度 | main | 秋の色 >>
元メンバー

寝る時は腹巻きが欠かせないこのごろになりました。

腹巻きって下から穿くものかな、上から着るものかな。私は下から穿いてます。

 

世に何人かいらっしゃる「5人目のビートルズ」と言われる人を絵に描いてみようと思い立って画像検索しているうちに、いろんな記事や写真に気を取られ、 脱線してます。10代の頃からのビートルズファンだったくせに知らなかったことだらけで、いままで私が思ってたビートルズとは別のビートルズに会っちゃったような不思議な楽しみ味わってます。

 

ビートルズのことを研究なさっているようなホームページってたくさんあるんですね。本当に細かく詳しく書いてらっしゃるところもあって、ついつい見入ってしまいます。(こちらのビートルズ詳解さま、すごい。)

いままで私は上辺だけで楽しんでいたのかな。今更ですがビートルズのこと勉強したくなりました。

 

さてさて。

「5人目」と言われてる人、いきます。元メンバーだったスチュアート・サトクリフ氏。ベース担当!

みんなからはスチュと呼ばれていたそうです。

スチュとかエピーとかあだ名つけてるとこがかわいらしいな。

スチュアート・サトクリフで画像検索すると、今風のイケメンの画像がたくさん出てきてビックリでした。今まで私はリーゼントでサングラスの彼しか見たことなかったです。まるで少女漫画の憧れの先輩みたいで、ぜんぜんうまく絵にできなかった。

 

彼はリバプール芸術大学時代の学友ジョンと親友になってビートルズに入ったけれど楽器はあまり上達しなかったとか。

絵の才能があって、バンドをやめて画家の道を歩み始めた頃、21歳で脳出血で亡くなってしまいました。

「BEATLES」というバンド名は彼のアイデアだったり、マッシュルームカットは彼の恋人で写真家のアストリッド・キルヒヘルが当時芸大生の間で流行っていたヘアスタイルをみんなに教えたものだったりと、彼はビートルズの根本に大きく関わっている人物なのでした。

後にジョンは彼を「もう一人の自分のような存在だった」と語っていたそうです。

 

そしてもう一人の「5人目」の元メンバー、ピート・ベスト氏。ドラムス担当!

彼もかなりのイケメン!画像検索はこちらです。

ですが、ビートルズのデビュー直前になって脱退させられてしまいました。理由はいろいろ検索してみましたけど、よく解りませんでした。

やっとのことで受けたレコード会社のオーディションの後、彼だけ解雇になったようです。

他のメンバーも気まずかったようで本人にそのことを直接伝えられず、マネージャーのエピーに言ってもらったのだとか。後にこの事についてジョンもポールも卑怯だったと反省していたそうな。

 

ピートの解雇後、数ヶ月間は新しいドラマーが決まらなかったようで、それを考えると解雇はレコード会社の希望だったのかなと思ったりしてます。

そして、別のバンドのドラマーでビートルズと交流のあったリンゴが新メンバーになりました。(リンゴはビートルズに入るずっと前にハンブルクで道に迷っているところを偶然スチュアート・サトクリフに出会ってカフェでごちそうしてもらって助けてもらったことがあるそうです)

リーゼントのせいもあってとんがったイメージもあるピートから、ちょっとコミカルでスウィートな感じのリンゴに替わって、バンドのイメージはだいぶ取っ付きやすくアイドルっぽくなったような気もします。

 

ピートはビートルズの中でもかなり人気があったそうで、解雇されたときは不服に思って怒ったファンが多かったのだとか。

ピート自身もかなり悔しい思いをしたのではないでしょうか。

彼はその後、新たなバンドを組んだりして現在もドラマーとしてご活躍なさってます。

 

ビートルズの成り立ち。

デビュー前、マネージャーになったエピーはロンドン中を歩き回ってレコード会社に売り込んだけど、テープを聴くだけで断られまくり。ビートルズのメンバーはもうレコーディング契約はできないんじゃないかと自尊心は傷つくし不安になっちゃって、エピーも意気消沈していった‥そんなころがあったなんて、少し励まされる思いがした。

運命の出会いと別れがあって、だけどその時はまだその先のことを知らない人たちが一日一日を生きているんですね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

| 音楽 | 00:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:54 | - | - |
コメント
こんにちは。ついつい喰いついてしまいすみません(;^_^A
スチュアートサトクリフ、画像検索結果のリンク見ましたが、本当に無造作ヘアの今風イケメンが出てきてOh…ってなりました(今の雑誌にモデルとして載ってても何の違和感もないです)

絵、写真に似ているけれど、写真よりも少しあどけない雰囲気があって、なんともいえない表情で、いいなあと思いました。
バンド名もその方のアイデアだったのですね!驚くことばかりです。

それにしても最後の下り、ほんとそうですね。RCの「わかってもらえるさ」の歌詞を思い出したりして、なんだかじーんとしてしまいました。人に歴史あり…!
| やこ | 2016/11/11 9:11 PM |
やこさん

わぁ、画像検索のリンク見てくださったのですね。今のモデル風ですよね!
絵のご感想もうれしい、ありがとうございます。

インターネットのおかげで見たことない写真や、いままで知らなかったことが噂も含めて次々と出てきて驚きっぱなしです。

RCの「わかってもらえるさ」、知らなかったです。YouTubeのなんだか泣けちゃう映像で聴きました。いいですね。
知らなかった曲もすぐに聴けて、これもインターネットのおかげか‥改めてほんとにスゴいものなんだな〜。
| モコ | 2016/11/12 2:29 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aimaimoko.jugem.jp/trackback/607
トラックバック