CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< ライブの記録 | main | 純度 >>
知らなかった噂

ベイスターズ、CSファイナルステージで一勝できてよかったですね。なかなかできなかった経験を次々と積んで、さらに進化していくようで眩しいです。

 

さてさて、前回の記事で書かせていただいたビートルズの映画 EIGHT DAYS A WEEK を観ていて、リンゴも可愛かったんですけどマネージャーのブライアン・エプスタイン氏もとても気になりました。いままで私は映像で彼が動いている姿をまじまじと拝見したことなかったかもしれません。クールな大人の男性と思っていたのですけど、映像ではなんとなく、恥ずかしがりやでチャーミングなおぼっちゃまという感じに見えました。

彼はビートルズがまだ世界に知られる前にマネージャーになって、街のクラブで革ジャンを着てお行儀悪く演奏していた彼らにスーツを着せて世に出した人です。メンバーがもうライブツアーをやらないと決めた翌年、32歳で謎めいた感じの亡くなり方をしてます。精神安定剤のような薬による偶発的な事故とのこと。

映画の中ではビートルズと出会ったきっかけを話す映像があったと思います。

さすがと思ったのが、アメリカツアーのときに取材を求めてきたジャーナリストに彼はツアーへの同行を誘ったそうで、おかげでツアー中は毎日のようにテレビのニュースでビートルズのことを報告されていたみたいで、すでにビートルズ人気はたいへんなものでしたけど幅広いプロモーションになったのではないでしょうか。おっとりしてるようでいて、できる男なのです。

 

描いてみたくなって検索していろんな画像を観ていたら同時にいろんな情報が目に入りまして、なんですって、ジョンと‥ジョンレノンと彼は、噂があったんですか。

そんな噂、全然知りませんでした。だって私が頼りにしてた「ビートルズ事典」香月利一さん著、立風書房、1974年第一刷発行(私のは1979年版です)にはそんなこと全然書いてなかったんだもん。

検索して読んだ情報のどこまでが事実かは分かりませんけど、63年の休暇中にエピー(彼の愛称だそうです)とジョンは二人でスペイン旅行に行っていて、それが噂のもとになっている様子。そのスペイン旅行のことが『僕たちの時間』っていう映画にもなっていたんですね、内容は架空の物語だそうです。

ポールが二人はプラトニックな関係だったよなんて語っている記事も発見。そういえば今回の映画のなかでも、ポールが当時のビートルズを「親密な仲」だったと話していたような記憶もあり、なんだか混乱してます。

長いことビートルズファンだったはずなのに、そんなことまったく知らなかった。

でも、なんとなくずっと前からジョンの歌詞やイメージに小さな違和感をもっていてそれに私が蓋をしていたようにも思えてきたりして、ちょっと謎が解けて行くような感覚でもあります。

いずれにしても私のなかでビートルズがもっと深まりました。

これから曲の聴き方もいろいろ広がっちゃうなあ。

それにしても、こんな刺激的な噂を中学生の頃の私が知ってたら人生が少しかわってたかな、ひとまず知恵熱出して寝込んだかも。

 

来年はエピーの没後50年になるんですね、現在彼を主人公とした映画が制作されているそうな。

主演はベネディクト・カンバーバッチとのこと。当然ビートルズのメンバーも出てくるでしょうけど、どなたが演じるのでしょうね。希望としては今のUKロックバンドから選んでもらいたいな。

 

 

 

 

| 音楽 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aimaimoko.jugem.jp/trackback/605
トラックバック