CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 番長ー!! | main | 知らなかった噂 >>
ライブの記録

キングオブコント、 去年のような衝撃はなかったですけど今年も面白かったです。しずるの2本目のコントも見たかったなあ。。

 

先日、ビートルズの映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』を観てきました。ビートルズのライブ活動に焦点をしぼった内容で、当時の映像と一緒に現在のポールとリンゴの証言、関係者や当時ファンで今は有名人となった人たちの証言、その頃の時代背景も交えて、ビートルズの結成から解散までの「ライブ」の状況が解りやすくまとめられていたと思います。どのような流れのなかで1966年にもうライブをしないことにしたのか、なんとなく肌で感じられたような気がしました。

私は長いことビートルズファンで一時期ファンクラブにも入っていたのでいろんな写真や映像も観たことはあったし、社会現象になったことも分かっていたつもりでしたけど、映画の中で当時のニュース映像なのかな?チケットを買うために街角の道という道にファンがあふれそうなほど集まっていたり、ツアー先の空港に着けば大歓声、記者会見もものすごい数の報道陣、みんなどうかしちゃってる‥と思ってしまうほど、本当にスゴかったんだなあと驚きました。

ライブツアーが終わればレコーディング、レコーディングが終わればツアー、合間に映画撮影、家に帰れば自宅の前にもファンがいっぱい。・・・どんな気持ちか想像できない。

 

あと、思っていたよりも4人はとっても仲が良かったのが印象的でした。当時のインタビュー映像でもそれぞれが誰かの発言をカバーしあっている様子もあったりして、なんだか嬉しかったです。

 

監督はロン・ハワード氏。

映画本編のエンドロールの後で30分間、 66年(ごめんなさい訂正します)65年のニューヨーク、シェア・スタジアムでのライブが上映されます。

この年、世界で初めての野球場でのライブで音響設備の整わないなか、悲鳴のような歓声、グランドを走り回るファンたちを目の当たりにしながら、自分たちの演奏を誰も聴いてないと思うようになってしまったと言ってたけど、その音源と映像はちゃんと記録されていて、今私たちがしっかり聴いてますよと当時の彼らに伝えたくなります。

そんな状況のなかでも、その演奏はとても丁寧で、ジョージ・マーティンと磨き上げたレコーディングの音にとても忠実だったこともわかって、一曲が終わるごとに深々とお辞儀をしてて、泣けちゃいます。

 

中学生の頃の私はポールのファンでしたけど、おばさんになってからはリンゴが可愛くてしょうがないです。

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

 

 

| 映画 | 02:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:14 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aimaimoko.jugem.jp/trackback/604
トラックバック