CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 奈良の山 | main | ツタカラマル >>
上野の奈良
まだ奈良の余韻が覚めやらなかったこともあり、一緒に奈良へ旅行した友人と、先週、上野の東京国立博物館東大寺大仏展に行きました。
大仏様のいらっしゃる大仏殿の前にちょこんと立っている八角灯籠など、東大寺にまつわる宝物が展示されています。
入ってすぐくらいは、同じような屋根瓦の出土品がいくつも並んでいて、どうなることかと思ってしまいましたけど、ポスターにもなっている誕生釈迦仏立像などは本当にやさしい笑顔で心がとろけましたし、その足の下の灌仏盤には鳥に乗る人や麒麟や草花などが素朴で可愛らしいタッチの線画で彫られていて、なんともほのぼのする感じでした。

八角灯籠は大仏殿の前だとちょこんとしているように見えるのですが、室内で観るととても巨大でこんなに大きかったっけか‥と思ってしまうほどです。五劫思惟阿弥陀如来坐像のヘアースタイルと赤ちゃんのようなお顔にも見とれました。
けど、特に私がよかったなあと思ったのは、戒檀院のご本尊の釈迦如来坐像と多宝如来坐像を間近で拝見できたこと(たぶん当地戒檀院では遠くから目を凝らして見えるか見えないかだと思います)、あと快慶作の地蔵菩薩立像がとても男前でカッコ良かったこと、ですな。。

実際に見て回って作品が少なかったような気はしました。メインがぼやけているというか、少し物足りなさを感じましたよ。
あんなに大きな八角灯籠を運んできたのはスゴイことだと思いますけど、やっぱり盧舎那仏あっての灯籠のような気もしますし、法華堂の観音像の光背だけが飾ってあるのはかえって寂しい気持ちになったりして‥贅沢言ってます。すみません。
でも博物館ですからね、資料としての展示なのだと思います。普段は公開されていないような物が説明文もついて観ることができるのですから、タイヘンな展示だと思います。

その後、国立博物館の敷地内にあります法隆寺宝物館へ寄って、小さな仏像が立ち並ぶ暗くて静かな空間でちょっとゾクゾクして、館内のレストラン、ホテルオークラガーデンテラスで一休みしました。
法隆寺宝物館を訪れるのは私は2度目なのですが、あまり観に来ている人がいないんです。静かながら怖いくらいかなりスゴイ迫力のある展示で、絶対観るべきだと思うのですけども。そう感じるのは私だけかなあ。

あと、プチ情報としましては博物館の敷地内のもうひとつのレストラン ラコールが工事中で、現在その近くに仮設的な建物があります。中はカレーやコンビニっぽいお弁当とコーヒーやペットボトルなどの飲み物も売っていてテーブルで食べられるようになっています。そこを利用したのですが、ペットボトルのお茶が300円もしてビックリしました。お弁当もちょっと高いかもです。

長谷寺駅奈良旅行のお話はもうおしまいにすると、前回の記事に書きましたけど、ケータイで撮った写真が少しあったので、もうちょっとだけ。

この写真は近鉄大阪線長谷寺駅で電車を待っているときに撮った夕暮れ時の2番ホーム。
遠くに見える山は巻向山(まきむくやま)かな、三輪山かもしれません。

近鉄大阪線はこの駅より先の榛原方面へ乗ったことがないのですが、長谷寺駅から榛原方面へ長く続く線路を見ているとそちらにも行きたくなります。


奈良ホテル裏門日本国内でも、国外でも、行きたいところはたくさんあります。
たとえば国内だったらここ数年はずっと青森です。それから福島の温泉めぐりもしてみたいな。
外国ならイギリス、オーストリア、チェコはずっと憧れています。いずれもまだ行ったことがないところです。
なのに、どうして私は奈良にばかり行ってしまうのだろう。そして奈良に行けば、また来ようと思ってしまう。

一泊した奈良ホテルの裏門。
奈良駅やならまちから歩くときの近道になってます。11月のはじめ頃でもキレイに紅葉していました。
下の写真は三輪山に入山したときに頂いた登拝案内図と長谷寺の特別拝観でいただいた結縁の五色線。五色線は太いほうが今年いただいたもの、細いのは昨年いただいたものです。
三輪山案内図
長谷寺の僧侶の方々がカッコ良くて参りました‥。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| 旅、お散歩 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aimaimoko.jugem.jp/trackback/521
トラックバック