CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< コクワガタ | main | 寝ぐせ >>
戯曲
 すごしやすい陽気になりました。
お日様の位置もだいぶ降りてきて、窓から部屋の中まで明るく照らしてくれます。
空気も乾燥して気持ちがいいのですが、お肌の保湿は今のうちから気をつけたほうがいいみたいですよ。かさかさになってからケアをしてももう遅いらしいです。
先日、足のすねがひどく乾燥してかさかさで、手で触ったら皮膚がふわふわ〜とはがれて飛んでいった‥!、という夢を見てしまいました。
近頃おかしな夢をよく見ます。

こんな話の後ですが、今年のMAYA「装画を描くコンペティション vol.9」で入選になりました。
課題作品の小説部門からウィリアム・シェイクスピア作「ロミオとジュリエット」を2枚描いて応募しました。
romeo and juliet 1

romeo and juliet 2

「ロミオとジュリエット」は映画などでだいたいストーリーは分かっていたのですが、ちゃんと本で読んだことがなかったので絵を描くまえに文庫を買って読みました。

戯曲と言っていいのかな、舞台劇用の台詞などで構成された文章なんです。登場人物の名前も“マーキューシオ”とか“ベンヴォーリオ”などとあまり聞きなれない名前が多い。そのうえ*印の注釈も多い。
障害物競走のような印象で不安になりながら読み始めたら、案外面白くて読みやすく、注釈も意味が解れば解るほど興味が湧いてくるしで、すぐに読み終えてしまいました。
台詞には駄洒落のような隠語のような言葉遊びが多くて、言葉のひとつひとつに裏の意味みたいなものが隠されていて、これが面白いのです。「ロミオとジュリエット」の印象が少しかわりました。

他に中世ヨーロッパの服飾の様子を詳しく絵などで説明している本と、イタリアルネサンス期の絵を集めた大きな分厚い画集を図書館で借りて参考にしました。
画集の中のボッティチェッリのページは本当によかったなあ。昔から好きな画家でしたけど、さらに好きになりました。今度模写をしてみようかと思います。

また今年も審査で残してくださって、ありがたく存じます。
未熟者の私にはもったいないような気がしますが、選んでいただいたことに恥じないような絵が描けるようにこれからもがんばります。
ありがとうございました。

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| コンペ | 02:22 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 02:22 | - | - |
コメント
おめでとうございます
墓の中の絵 光線の具合がとてもいいです
ウェブ上で見ると より 輝いて見えますね
服も資料を見て ちゃんと描かれたんですね やるなあ
見習なきゃ

| 正一 | 2009/09/11 11:20 PM |
正一さん

ありがとうございます。
うれしい。
黒に黄色を合わせるのは初挑戦かもしれないです。結構勇気が要りました。

服装は地元の図書館にちょうどいい資料があって助かりました。想像だけでは描けなかったんです。。
| モコ | 2009/09/12 2:59 AM |
おめでとうございます!
すてきな絵ですね、原画が観てみたいです。

絵を描くまでの過程もフムフムと思って読みました。
あと、葉書ありがとうございます。
やさしい絵と、トンボの切手に心和みました。
ではではっ
| ふじい | 2009/09/15 12:49 AM |
♪ふじいさん

ありがとうございます。
恐縮です。。

14世紀頃のイタリアの男性はみなさんタイツを穿いていたのですね。図書館で借りた資料を観ていたら、あんな昔に足にフィットしたタイツをどんな素材でどうやって作られたのだろうか‥などと、なぜかタイツにばかり興味が入ってしまって絵に集中するのに苦労しました。

ハガキ、無事に届いてよかったです。
ありがとでした!
| モコ | 2009/09/15 3:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aimaimoko.jugem.jp/trackback/479
トラックバック
イタリア絵画―中世から20世紀までの画家とその作品
イタリア絵画―中世から20世紀までの画家とその作品
| 忍者大好きいななさむ書房 | 2009/09/30 2:33 PM |