CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 降ったりやんだり | main | 本の内容と表紙の関係 >>
貫く精神
友人がチケット取れたから行きましょうと誘ってくれたくるりのライブ。
くるり。
CDは持っていて、ときどき聴きます。
いいと思うのですが、なんとなく歌詞やなにかいろいろ、エゴイスティックな印象があって、それほど(ライブへ行くほど)好きになれなかった。
好きだけどちょっと引っかかるところがあって、心を許しきれない感じかな。
でも、せっかく誘ってくださったのだし、いい機会なので行かせてもらうことにしました。

ワルツを踊れ Tanz Walzerそこで、6月末頃にリリースされた新しいアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」を買ってきてライブに向けて予習しました。
このアルバムはウィーンでレコーディングなさっているんですね。
出だしから、ストリングスがすばらしくうまい具合に取り込まれていて、気持ちがいい。
全体を徹してなぜか郷愁を感じさせられジーンときてしまったり、なんでしょう、どんどんアルバムの中の世界に引っ張り込まれてしまいます。

ライブ当日(7月18日)、会場のNHKホールに入るとすっと落ち着いた気分になりました。
なぜだろうと考えていたら、観に来ている皆さんがとても静かに開演を待っているんですね、だからかもしれないと思えてきました。
いつもくるりのライブというのは、こういった感じなのでしょうか。
この居心地の良さは、今までいろんなライブに行きましたが感じたことのないものでした。

ライブの詳しい内容は、これからご覧になる方がいらっしゃるかもしれないので書きませんが、実はかなり考えさせられるところがありました。
すんばらしく、良かったんです。
私がこれまでくるりをエゴイスティックでイヤだと思っていた考えは、間違っていたのかもしれない。
求めるモノを得るにはエゴイスティックでなければならないこともあって、それを隠さず正直に、かっこつけず良い人ぶらず、そのままが表れただけなんではないかと感じたんですよね。
エゴイストを貫く精神。

全て私の妄想かもしれませんけど、はたして自分はどうだろうと考えさせられたんです。
求めるモノに忠実だろうか、人の顔色ばかり気にしていないか、違うと思ったら「違う」と言えてたか、周りのムードに流されてないか。
うわついた自分の背中に熱いものが走った気がしました。


クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)クリムゾン・キングの宮殿 (ファイナル・ヴァージョン)(紙ジャケット仕様)
キング・クリムゾン。
「顔ジャケ」ってこれのことですよね。
(くるりライブでちょっと話に出てきたので載せてみちゃいました)
うーん。。
| 音楽 | 20:00 | comments(6) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - |
コメント
くるりってアルバムではピンとこなかったんですが、ライブだといいですね。たまたま見たことがあって、とてもよかったです。
| 赤枕十庵 | 2007/07/20 11:14 PM |
十庵さん。
すっかりやられちゃいましたよ。
くるりってライブを観ないといけませんね。
十庵さんもいらっしゃったことがあるんですね。
そういえば、観に来ている人は男の人が多かったなあ。
| モコ | 2007/07/21 11:23 AM |
はじめまして。
ひそかに愛読しております。文章も、時々載ってるイラストの感じも好きです。くるりのことも、何となく分かるような気がしました。考えさせられますね。
ええと、最近ブログを始めたのですが、リンクを張っても良いでしょうか?
突然ごめんなさい。それでは。
| フジイ | 2007/07/24 2:45 PM |
フジイさん。
はじめまして。
読んでくださって嬉しいです。ありがとうございます。
さっきフジイさんのブログへお邪魔しちゃいました。
すごく素敵。面白かったです。

リンクの件、よろこんで。恐縮です。
ご自由にどうぞ。よろしくお願いします。

このところ、CDはくるりばっかり聴いちゃってます。
| モコ | 2007/07/25 3:38 AM |
リンクさっそく張っちゃいました。ありがとうございます!
コメントも嬉しかったです。
それではまた〜
| フジイ | 2007/07/25 11:02 AM |
フジイさん。
こちらこそ、ありがとうございます。
それにしても、持ち込み100社のお話は励まされる思いがしました。
うぉー。
| モコ | 2007/07/26 2:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aimaimoko.jugem.jp/trackback/380
トラックバック
くるりが化けた
実を言えばくるりをはじめて意識したのはアイルランドのスーパーグループモザイクの来日公演で岸田繁がソロで前座を勤めたのを見てからだった。ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、GO!GO!7188の浜田亜紀子なんかも一緒に出ていて、ずいぶんと音楽の引き出しをいっぱ
| 我が名は十庵 | 2007/08/17 12:08 AM |