CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< ウスバカゲロウ | main | 眠る夢 >>
イエロー
午前中のものすごい雨の中、近くのバス停に立っていると私よりまえからバスを待っていたおばさまがタクシーを拾って、駅まで行きますけど良かったら一緒に乗って行きませんかと誘ってくださった。
私も同じ駅まで行きたかったのでよろこんで乗せていただいちゃった。
降りるときに料金は半分つにしてくださいとお願いしたのですが受け取ってもらえず、結局お礼を言うだけで駅で分かれてしまいました。
はたしてこれでよかったのか、失礼だったかしらと考えながら手に持ったお金をお財布にしまいました。
それにしても、雨のなか声をかけていただいたことがなにより嬉しかった。
本当にありがとうございました。

タクシーを降りて少し歩きながらそのおばさまに今日はお仕事?と訊かれて、武道館にコンサートを観に行くんですなんて、ちょっと余計なことまでおしゃべりしてしまった。
ずっと待ち遠しかったコールドプレイ(COLDPLAY)のライブに行ってきたのです。

銀座で友人と待ち合わせしてのんびりしすぎてしまい、開演間近な時間になって九段下に着くと、まだ大勢の人が入場しないで外にいました。
思っていたより女の人が多かったな。
プレオーダーでとったのに2階席だったのですが、行ってみるとそれほど遠い感じでもありません。
上から見下ろすステージは黒一色で、後ろに横長なスクリーンがあるだけのごくシンプルなつくりです。

ほどなく始まったライブは、始めから飛ばしながらも会場全体が自由な安堵感に満ちていたような気がしました。
CDで聴いていたときもそうでしたが、彼らの曲は精神の繋がりを感じさせる強い力があると感じました。
何度か涙を流してしまいました。良かった。すばらしい。

ボーカルのクリスの動きはどこか、“気”をあやつる気功師のようにも見えて、しなやかで、ピアノに向かっていても魂を込めているようで、その澄んだ世界に引き込まれて目が離せませんでした。
Parachutesこのライブのチケットが取れたとき、私はコールドプレイのアルバムは「静寂の世界」と「X&Y」を持っていただけで、このファーストアルバム「Parachutes(パラシューツ)」を聴いていませんでした。
洋楽に詳しい友人にチケットが取れたことを自慢していたら、「パラシューツ」を聴いてないなんてだめだよと言われました。とにかく『イエロー(YELLOW)』を聴くべきだと。
それで、さっそく聴いてみるとまったくその通りでした。
なんて何気なくて美しい歌なんでしょう。いちばん好きな曲になってしまったのでした。

ライブでは、この『イエロー』の演奏中に黄色い大きな風船がたくさん後ろから落ちてきて、ステージ上で弾けて中から金色の小さな紙が舞いました。
スクリーンでは宇宙をイメージしているような映像が映し出されたり、ミクロの世界だったり。(私は動物園が苦手なのですが、それが、以前、動物園で檻の向こうの熊が行ったり来たりを繰り返す姿を見て悲しくなってしまったことが理由だったのですが、その時見たような、同じような映像がスクリーンに映ったときはとてもびっくりしました)

コールドプレイの曲は特別な気持ちで聴いてはいましたが、このライブでもっとそれが確実になったような気がします。私にとって特別なバンドとなったな。

もうひとつ、ライブが始まるとき場内が真っ暗になってビートルズの「Tomorrow never knows」が掛かって、ライブが終わって帰るときビートルズの「Good Night」が掛かって場内が明るくなりましたよ。
涙を拭いて帰りました。よかったなあ。
| 音楽 | 08:42 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 08:42 | - | - |
コメント
コメントありがとうございました。

「イエロー」は大好きな曲で、
私のブログ「水中日記」の中で
ビートルズの「アクロス・ザ・ユニバース」や
その他ロックやソウルの名立たる名曲と
同列に語りたくて書き込みした次第です。

こちらのブログを数ある関連ページから
TBさせて戴いたのは、
「イエロー」に対するストレートな感動が
素直に表れていたたと私自身感じたからです。
そんな曲だと思うのです。
この曲は・・・・。

クリスの奥方、グィネス・パルトローの大ファンだった
自分が「イエロー」の歌詞を読んで、
これなら仕方ないかな・・・と
嫉妬が消えたことを今でも憶えています。


是非我々が作った「水中物語」by水中バンドの
「悔恨」という曲聴いてみてください。
「イエロー」のような幸福感は無く、
ビタースィートな歌詞ですが、
もし機会がありましたら、
是非聴いてみて下さい。

それではまた!


| 水中バンド | 2006/09/18 8:50 PM |
水中バンドさん。

コメントありがとうございます。恐縮です。
「イエロー」はイントロが始まるだけで空気が変わる気がします。名曲ですね。
武道館ライブの時、グィネス・パルトローさんが観にいらしてましたよ。
いいご夫婦なのでしょうね。うらやましかったです。
水中バンドさんは「水中物語」というアルバムが発売されているんですね。すばらしい。
曲の題名も詩的で興味をそそられました。
CDショップで探してみようかな。
| モコ | 2006/09/20 1:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aimaimoko.jugem.jp/trackback/285
トラックバック
ART BLAKEY&The JazzMessengers 「MORNIN’」
「モーニン」は葬送曲。 死者を弔うための曲。 人の死に直面しているにも関わらず、 この曲に漂う悲しみには涙が感じられません。 悲しみで涙に暮れるというイメージはありません。 どこか厳かで、眉間に皺を寄せ、脂汗が垂れている アル
| 水中バンド.blog   -水中日記- | 2006/09/17 11:52 PM |