CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ちかぼさん
お洗濯物を干していたら、足下になにか精巧な小さなモノが落ちているのが目につきました。よく観ると、それは体長25ミリくらいの蜂のようです。
仰向けになってしまっていて、動かないようなので拾い上げて手のひらにのせてみました。虫って本当によく出来てる。

図鑑で調べたら、大きさ、カタチ、模様などからセグロアシナガバチのようです。
驚いたのは胴体がものすごく反り返っているように見えることです。
胸部とおしりのような膨腹部といわれるところがクビレを支点に「くの字」に反っていました。
それはもう息がないから、硬直してこんな形になったのか、これが自然な姿勢なのかはわからなかったのですが、じっと観ているうちに、なんとなくこれが自然のように思えてきました。

めったにないチャンスなので、デッサンしてみました。
絵に描いてみるというのは、観察することでもあるんですよね。さっきまで虫眼鏡で観ていたのに、デッサンしながら肉眼で観る方がはるかにいろんな発見があります。

しばらく夢中で描いていたら、なんとなく動いたような気がしたんです。
そおっと鉛筆の先でおしりの針に触れてみたら、小さく針が動きました。
まだ生きているのか。
デッサンが終わったら、ベランダのゼラニウムの花の上に乗せました。
元気に息をふきかえすかな。

そういえば、先日買ってきた最新号(vol.27)の「クウネル」に、熊田千佳慕(くまだちかぼ)さんという絵描きさんのページがあって、そこに私は釘付けになっちゃってたんです。
花や虫をずっとずっと描いていらっしゃる方で、とても精密で作品に対して誠実。
虫が好きとおっしゃっていて、ファーブルにあこがれていらっしゃるのだとか。
私も、子供の頃、はじめて読破した絵本ではない本ていうのが、子供向けの「ファーブル昆虫記」だったんです。
そんなところをパラパラと読んで、勝手に繋がりを感じてしまった、というわけです。

またそのページを開いて読んでみて、千佳慕さんのおっしゃることひとつひとつが、とても胸に沁みました。
| アーチスト | 03:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
治虫の孫悟空
寒いとコーヒーを飲むという連鎖反応が起こりまして、このところコーヒー飲み過ぎです。といっても1日5杯くらいかな。
暖まります。

最近テレビで『西遊記』をやっていますが、この前ラジオにこのドラマのテーマ曲のバンドMONKEY MAJICK(モンキーマジック)のカナダ人のお二人が出演してました。

“モンキーマジック”というバンド名は、以前ドラムを担当していたイギリス人の方がつけたと話していました。確か。
以前にイギリスのTVで昔の『西遊記』(まちゃあきが孫悟空の)が放送されて、ちょっとブームになったそう。それでゴダイゴの「モンキーマジック」を知っていて、そこからこのバンド名をつけたそうな。
そして後に現在の慎吾くんの『西遊記』のテーマを演ることになるなんて、すごいことだと思いました。

そんなわけで、ゴダイゴの曲が今もイギリスで少しうけているようです。
当時私もまちゃあきの『西遊記』に夢中だったし、ゴダイゴファンでもありました。
なので、ゴダイゴの当時のレコード(LP盤)は全部持っているんじゃないかしら。
イギリスで高く売れるかな?売る気もありませんが。

今、『西遊記』で私が観たいのは手塚治虫さんの『西遊記』
アニメーションです。
TVでほんの少し観たことがあるのですが、とても美しくて動きもしなやか、なにより芸術性が高いように思いました。

あぁ、私も雲に乗って飛びたいな!
| アーチスト | 04:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
ドーナツ
二日酔いとまではいきませんでしたけど、どことなくお酒臭さが残った一日でした。なさけない。。

先日の書込みで、ミスタードーナツのことを書いていたら久しぶりに食べたくなりました。
ワタナベイビーさまのこともなにか解るかも、とも思いミスドへ行っちゃいました。

久々のミスドのドーナツです。持ち帰りで食べて、おいしかった。
35周年なのですか。
昔のお持ち帰り用パッケージのイラストレーションは、セツの大先輩であるペーター佐藤さんでしたよね。
上品で、繊細で、キュートでポップで、親しみやすい、美しい少年少女達が描かれたパッケージは、持っているだけで嬉しく、誇らしい気持ちさえありました。

ペーターさんがお亡くなりになる少し前に、セツに特別講師としていらっしゃっったことがあり、私もお話をお聞きすることができました。
確か、10年周期くらいで新しいスタイルの絵を描こうとなさっている、というようなお話だったかな。
90年代は、あのミスタードーナツのパッケージになっていたような絵から、まったく違ったイラストレーションを考えていらっしゃるようでした。
こんなに素敵な絵で満足するだけでなく、常に新しい何かを描こうとなさっていることに驚いたことを憶えています。

あと、アメリカのUFOがよく出没するところへ行って、UFOを見てきたというお話もなさっていたんじゃないかしら。
一見気さくで普通の人みたい、でも好奇心と情熱の炎をいつも隠し持っている、そういう印象でした。

ドーナツ、くせになりそうです。
わりと近くにお店がありまして、ひょっこり買いに行ってしまうかも。
カードも集まったらリカちゃんの応募しようかな。
ベイビーちゃんのことは解らずじまいでした。
| アーチスト | 03:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |