CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
大きな水彩画

今朝、なにげなく(いつもは見ないのにです)Yahoo!のトピックを見て飛び起きたんです。

なんとなんと、「おっさんずラブ」映画になるって書いてあるじゃないですか。

勘違いかもと思って公式ツイッターを観てみたら、本当だった。

おかげで今日一日、ニヤけて、ため息ついて、我に返って、ふいに「ありがとう」って呟いて、我に返って、深呼吸して、もしかして夢かもと思って再び確認し…などを繰り返しております。

願いが届いた気分。ちゃんと届くんですね、願いってね。

ドラマのキャストみなさん続投でご出演なさる(新たなおっさんが増えるかもとのこと)というのも嬉しいな。続編が映画だということも特別感があってイイ!

制作の方々がなんだかすごくファンの気持ちを解ってくれているみたいで、そういうところも気持ちがいいんです。

映画の公開は来年の夏だそうです。公開まで待ち遠しくなると思いきや、なぜかこの待ち期間が楽しみになってきました。ストーリーを想像したりして。ずっと撮影していてほしいくらいだ。

映画化を記念して、テレビで年明け1月2日朝6:55から一挙にドラマの再放送をするそうです。

面白くて笑えてバカで可愛くてキュンときてかっこ良くてバカで泣けてやっぱりキュンとくる、本当に良い作品だと思います。

朝からの興奮そのままで書き込んでしまった。ちょっと、はずかしいかも。落ち着かなきゃ。

 

さて、先日「カール・ラーション」展を拝見してきました。

19世紀末から20世紀にかけて活躍したスウェーデンの画家で、油彩やエッチングなどもなさっているけど水彩画の作品を多く描いていらっしゃるのです。

私も水彩画を描いていていろいろ展覧会は観ていますけど、こんなに大きな水彩画の作品でしかも細かく描き込まれた絵を観るのは初めてかもしれないです。

水彩画というと抽象的で「にじみ」を生かしたような絵が多いと思うのですけど、カール・ラーションはほとんどにじませず、物の輪郭線をしっかりと細いペンかなにかで描いていることもあり、彩色はそれほど隅々まで几帳面に塗っている感じではないのですが、具象画のような繊細な絵だと感じさせられます。定規で描いたようなまっすぐな線の構成も印象的でした。

水彩画ってすごいんだな!と思ったんです。

いままで私は勝手に水彩画に対して限界みたいなものを作ってしまっていたんだと気付かされた展覧会でした。

他にも、本の装画や挿し絵、絵本なども描いてらしてそんな作品もとても勉強になりました。

モノクロの挿し絵では、光っている部分にちょんちょんと白い絵の具を置いていて、よく漫画家の方がホワイトを使う感じに似ているのかなと思ったり。

カールの妻カーリンのタペストリなどの織物や刺繍の作品なんかも展示されていて、手作りのお洋服も手が込んでいて素敵でした。

新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で12月24日(月)までです。24日は開館日ですけど月曜日はお休みなのでお気をつけください。

ゴッホのひまわりも常設で観れます。

西新宿の高層ビル42階なので窓から見える景色も良かったですよ。

あと、無料のロッカーが1階にありますけど42階の美術館入り口前にも無料のロッカーがあります。

それから、この展覧会の図録はないみたいで公式のガイド本みたいなものがありました。でも私は別の画集を買いました。

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

 

| 展覧会など | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
さめやらぬ。

師走ですけど今日は気温が上がって、いまエアコンの温度計を見たら22度になってました。風も強くて春のようです。

今年のM-1は敗者復活戦からテレビで観たりして一人で盛り上がりました。私はかまいたちを応援してたので、ポイントカードの歯がゆい感じとかとても面白かったのですけど、優勝した霜降り明星、ほんとうに面白かったです。私ネタを拝見するのがはじめてだったと思うのですが「リアス式海岸」あたりですっかり気を許して大笑いしたのち、番組終わってからしばらく「スプーンに映った小栗旬」でじわじわと思い出し笑いをしています。いろいろ審査について私も思うところはありましたけど…霜降り明星の優勝は文句なしだなと思いました。

あと、敗者復活戦ではウエストランドダンビラムーチョたくろうのネタが私は好きでした。機会があったらまたどこかで、舞台ででも拝見したいな。

 

そしてそして、なんか今年の流行語のトップ10にあのドラマのタイトルが入ったのですね。私の周りにはドラマを観ていたという人が一人しかいなくて、私が思うほどみんなに知られていないのかとがっかりしていたのですけど、すごいな。

そんなことは全く関係なく、こちらは未だおっさんず熱がさめてくれなくて、本が一冊増えました。

続編やってくれたらいいなあ。

 

 

 

| テレビ | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
落ち葉と苔

朝、寒いなと思って着たセーターがお昼には暑くて脱ぎたくなります。テレビの天気予報の時間に、このところ気温が平年より高い日が続いてると話してました。温暖化は本当に進んでいるということなのかな。無駄な電気を消すように気をつけなきゃ、テレビつけっぱなしなこと多かったです。反省。

 

住んでいるところの芝生の上が落ち葉でいっぱいだったので、熊手でかき集めてごみの袋に入れたりしました。

けっこう蚊がいてびっくり。すぐ何匹も集まってきて顔の周りをくるくると飛び回るのはなぜなのでしょうね。二酸化炭素に寄ってくると聞いたことがありますけど私の呼気に反応したのかな。そのわずかな空気を感じ取る素早さ敏感さに脱帽です。

かき集めた落ち葉の中に苔が混じっていました。よく観たら芝生の隙間にいっぱい苔が生えているんです。それが熊手にひっかかって取れたようで、落ち葉を袋に入れるときに軍手にいっぱいくっつきました。

美しい色合い、いい緑色だなーって見とれちゃいました。

調べてみたらハイゴケという種類のようです。

軍手からそっと剥がして、試しに植木鉢に乗せてみました。うまく根付いてくれたらいいな。

 

先日は用事で鎌倉の山の方へお邪魔したのですけど、なんと季節外れの桜がぽつん、ぽつんと咲いているんです。あとで調べてみたら、これは今年の台風の影響と考えられているみたいです。プラス、このところの気温の高さも関係あるそうです。

ちょっと異常な桜の開花、人間の体も気づかないところで何かしら影響を受けているんでしょうかねえ。

 

 

 

| そのほか | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
冷たい大福

秋も深まってきたなあと思っていたら…もう11月も半ばなのですね。そう考えると焦りのドキドキが激しくなりますなあ。年賀状の絵をどうしようとかね、おせちどうしようとか…、いっぺんにいろいろやってくるものだから気持ちがヤラレちゃいそうです。とはいえ今回は平成最後の年末年始になるので、きちんと何かやりたいような。うーむ。

ところで、ウチの近くのスーパーはなぜか野菜やお肉やお魚…なんでもたくさんの量をまとめて売る方式のようで、バラ売りもあるのですが割高になってしまうので仕方なく大量買いをすることが多いです(業務用スーパーではないです)。一人暮らしなので、毎日同じような食材でお料理を作って、それでも残ったら冷凍したりしてます。

大福もそうです。安いけれどひとパックに6個くらい入っていて、賞味期限内に食べれなくはないけれど、このまえ試しに冷凍してみました。

たぶんスーパーの大福なので本物のお餅ではなくて求肥をつかっているのだと思います。検索してみたら食べるときは自然解凍でいいそうです。

それでこのまえ食べようと冷凍庫から出したら、凍った感じがおいしそうなんですよね。そのままかじってみたら、凍っていてもカチカチに硬くはなくて、これはこれで美味しかったです。クセになりそう。

私、マシュマロも冷凍庫で冷やして食べるのやみつきになっていて、さらに大福も冷凍庫に入れるとなると、野菜やお肉も冷凍庫だし、パンも冷凍してて、近頃冷凍庫がいっぱいです。今度冷蔵庫を買うときは冷凍室がもっと大きいやつにしようかな。

 

大福といったら、先日いただいた大福がとてもうまかったのです。

大きな栗が半分(もとい!たぶん栗まるまる一個入りだったと思います。かじって見たから半分の栗が印象に残ってしまいました。)入ってるのですけど、この栗がほろっと柔らかくて甘い。甘くておいしい。

神保町のすずらん通りにある文銭堂という和菓子屋さんの大福で、袋に「新栗大福」と書いてありました。ホームページにはこの大福のことは紹介されていないようなんですけど、季節限定みたいな感じなのでしょうかね。常時ある品物ではないのかなあ。

「新栗蒸し羊羹」は季節のお菓子としてホームページに掲載されてます。他にはフルーツの大福が有名なのかな、銭形平次最中もあります。今度神保町へ行ったら寄ってみたいと思いました。

絵は全然関係ないのですけど、先日の個展の時に飾らせてもらった一枚です。

 

 

 

| 食べもの | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャンチキチ

今日は月がまぶしい。

私は三波春夫さんの「チャンチキおけさ」の歌詞を間違えて覚えていて、まぶしい月明かりを見るとつい ♪月が〜まぶしい〜路地裏の〜♪ と頭の中で歌ってしまいます。

それにしても、夜だけど影ができるほど明るい月夜です。明日が満月だとか。

先日、姉が京都に遊びに行ったそうでお土産にお干菓子をもらいました。

包みに甘春堂という京菓子のお店の名前が書いてあります。小さな箱に秋らしいお干菓子がいっぱい入っていて食べるのがもったいない気分。それぞれ、味や素材が違っていて口に入れると全然違う味わいが楽しめるんですね。ちょっと感動しちゃいました。写真右上の白くて円いのは雀のようです。かわゆいわあ。

四季の中で秋が一番好きだなあ、なんてどうでもイイことをしみじみ思うこの頃。私も旅をしたくなりました。

 

 

 

| 食べもの | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
個展はつらいよ

秋もだいぶ深まって、夜はちょっと寒いですね。

秘密にしていた訳ではないのですが、先日個展をやりました。お知らせをしなくてごめんなさい。

展示させてもらった作品を少しずつここに掲載させてもらおうかなと思ってます。

といっても、以前にここで掲載させていただいた樹木希林さんの絵や赤塚不二夫氏の絵も、展示しましたので今回のこの絵で展示作品三枚目の掲載です。

一年ほど前にこの個展のお話をいただいて、大変なことになったぞと。個展は絵をたくさん描くこともそうですけど、準備や展示後のこまごましたことなどやることが多くて苦しいという印象が大きいです。

まず個展のテーマを考えますけど、今回はできるだけハードルを上げないように描き慣れた人物画の展覧会ということにしました。

テーマが決まれば絵を描き始めます。

私の場合は数枚を同時に進めました。一枚を描いている途中で一旦描くのをとめて時間を置くと印象が違って観えてくることがあるので一気に描かないようにしていて、合間に他の絵を進めます。

こうやって何枚か描きながらDMに使う絵を選びます。今回は今日掲載させていただいたメリーゴーランドの絵を選びました。

何枚か進めながらも、展示できそうにない絵も結構生まれてしまい、これもだめ、これも…となって日程も迫ってくる。これからが苦しいモードで、もう全部だめなんじゃないかと心が折れそうになる。泣けてくるっていう。。

いつか自信を持ってどうぞご覧ください!と言える展覧会を開けるようになりたい。

それなのに皆さんに案内状をお送りするジレンマ。。申し訳ないデス。。

泣き言書いてしまいました。

良い絵が描けるようにこれからも頑張って恩返しするしかないな、と思います。

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

| 展覧会など | 18:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
kirinさん

秋らしくなってきました。

 

この歳になってくると子供の頃から知る人達が亡くなることが多くなります。いろんな人を見送って歳をとっていくんだなあと感じます。

樹木希林さん、私にとってはドラマ『寺内貫太郎一家』からずっと存在感が強くてかっこいい人でした。

近頃は髪型の感じがウチの母親にそっくりで、不意にCMなどでお見かけすると見間違えてしまって驚くこともしばしば。

勝手に「あ、お母さんだ」と思うようになっていました。

ウチの母も10年以上前ですがガンで亡くなりました。

もう新たなお姿を拝見できないと思うと寂しいです。

でも、希林さんも今は病気から解放されてほっとしていらっしゃるのではないかなあ、とも思ったりして。

人生の最後の時の迎え方、お手本にさせてもらおうと思ってます。

ありがとうございました。

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

| そのほか | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
アカツカシ

お天気が不安定なこの頃、雷が鳴ると一応パソコンの電源を切るようにしているんですけど、コンセントを抜いてバッテリーを使えば大丈夫なのかしらん。

 

さて、先日の24時間テレビのドラマ『石ノ森章太郎物語』観ました。公式twitterもあります。

はじめ、林遣都氏が赤塚不二夫氏を演じると聞いたときは、ルックス的にピンとこなかったのですけど、若い頃の赤塚氏って結構な二枚目だったんですね。チャーミングなのは知っていましたけど、写真を検索してみたら当時はカッコよかった。

そんな情報のおかげもあり、ドラマを観ているうちに林遣都氏が赤塚氏に見えてきて、ひとつひとつ可愛らしくて笑っちゃいました。

 

あと、バス停での「君が好きだ!」っていうセリフ、赤塚氏なら言いそうな感じもしますけど『おっさんずラブ』のセリフに似ててハッとなっちゃいました。あれは、おっさんずファンへのサービス的なものだったのかなあ。

ギャグを交えながらも赤塚氏のセリフや態度は心に沁みるものがあって(石森氏のお姉さんが亡くなったとき慰めるのではなくて一緒になって泣いちゃうところとか…)ジーンとしました。

あと、手塚治虫役がバカリズム氏だったところも面白かったなあ。

皆さんものすごく頑張ってらして、やっぱり頑張ってる人を見ると自分もやる気が出てくる。

トキワ荘の中の活気を少しもらった気分です。

 

それから、石ノ森氏の『HOTELE』のドラマでいつも「姉さん、事件です」というナレーションで始まっていたのを思い出して、もしかしてこの「姉さん」というのは石ノ森氏のお姉さんのことだったのかなあと考えたら、胸が痛くなりました。違うかもしれませんけど…、あのころふざけて「姉さん!」って真似してた自分に一言注意してやりたいです。

 

売れっ子になってからの赤塚氏を描きました。

私も頑張るぞ。

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

| そのほか | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
思い切って脱出

このところ、だいぶ風が秋っぽくなってきたように感じます。

日も短くなりました。

 

今日(17日)はずっと観てみたかったシソンヌの単独ライブに行きました。

イラストレーションのお仕事をしていると、急な依頼をいただくことがあるので何日も先の予定は組みづらくて、旅行やライブの先行予約なんかも躊躇するようになっていたんです。

シソンヌのライブもずっと観てみたいと思いつつも前売りは買えなくて、でも、じろうさんのツイッターで当日券の情報をチェックしていたこの頃。日によって当日券が数枚あったりなかったりしているようで、今日もお昼を食べながらツイッターを拝見したら、当日券がいつもより多めの10枚あるとのこと。

当日券は会場の受付で開演の1時間前から発売開始、早い者勝ちなんです。行ってみないと買えるかどうかわからないの。

 

いつもの私なら買えないかもって考えて出かけなかったと思う。けど、なんだかそういう自分から脱したい気持ちが湧き上がってきまして、チケット取れなくてもいいんだ、行動することが大事なんだ!なんて…妙に熱くなったりして。大急ぎで支度してダメ元で行っちゃいました。

 

今日出かける予定ではなかったので、お洗濯物もお布団も干してたのを急いで取り込んで、着替えてお化粧して、駅まで早足で行って電車で赤坂へ。

会場の赤坂レッドシアターに着いたのは当日券発売の約1時間前でした。

まだ待ってる方は誰もいらっしゃらなかったです。

不安に思いながら当日券待ちの張り紙があるところで立っていたら、すぐに後ろに人が並び始めて、スタッフの方も確認にいらして買えることが分かりました、ほっ。

 

当日券というのはキャンセル待ちと、追加の補助席っていうのかな客席の横に並べられた小さな折りたたみ椅子の席のことかと思ったのですけど、一番乗りだった私は受付で普通の客席3つのうちからどこか好きなところを選ばせてもらえて、後ろの方でしたけどとても観やすい場所を取れました。

 

お笑いのライブは何度か観たことがあります、でも単独ライブというのは今回が初めてでした。一人でちょっと緊張していたのに、ライブが始まったらもう面白くてね、いつのまにか我を忘れて笑ってました。

内容は秘密にしますけど劇中の歌がスゴく良くて、あれはオリジナルなのでしょうかね?誰かの曲なのかなあ。とても好きな感じの歌で、また聴きたいです。

 

あー、それにしても思い切って行動してよかった。

帰りの電車でひとりジワジワ笑いがこみ上げてきて困ったけれど、今日がこんな1日になるなんて夢みたいだな。

 

18日(土)は1日2回公演で、両方とも当日券が多めに出るそうです。詳細はこちら

こんなチャンスはなかなかないかも。

よかったら是非、ダメ元ですけど!

 

 

 

| 旅、お散歩 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
繊細で意外と大胆。

猛暑のせいか、こんなことになってしまった。本2冊。

右側、林遣都さんの写真集です。

8年前に刊行されたものが最近重版されたと知って思わずアマゾンで買ってしまいました。

役者の方も写真集を作ったりなさるんですね。

19歳の頃の写真、本を開くのがなぜか後ろめたい気分になる。

 

最近、彼の過去の映画も拝見していて、ダニエル・デイ=ルイスを思い出しました。

品があって少しフェミニンで繊細、でも意外と大胆!、美しい外見、内面から出てくるような色気、などなど(指の細長いとこも)。似ている気がします。

ダニエル・デイ=ルイスといったらセツ先生、好きだったんですよねデイ=ルイスのこと。

もしいまセツ先生がいらしたら、きっと林遣都を好きになったのではないかな、なんて考えたりしてます。

 

先日、Eテレの「昔話法廷」で久々にスーツ姿の遣都氏を観て「牧!」と思ってしまいましたが、今度は24時間テレビのドラマで赤塚不二夫役をなさるそうな。楽しみ。

 

 

| そのほか | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/66PAGES | >>