CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
登場人物の特徴

大阪の地震、驚きました。

少しでも早く安心できるようになりますように。

心よりお見舞い申し上げます。

関東もこのところ地震が多いように感じます。

飲み水やちょっとした食料(お菓子でも良いし)を用意しておこうかなと思います。

 

季節のせいか何か解らないのですが、近頃妙に心がそわそわ落ち着かないです。

いろんな絵が描きたい。

イメージがいっぺんに湧いてきて、記憶しきれないです。といっても絵にすると、どれもきっと大したことない感じなのでしょうけども。

こんな気分をずっと維持できたらいいのに。

 

先月まで小学生向けの新聞で連載小説の挿絵を描かせてもらってました。

18世紀に書かれた小説でヨーロッパが舞台のファンタジー。

連載小説の挿絵で心配になるのは、登場人物の顔です。毎回同じ人に見えるように描くのは、未熟な私にとってとても難しいことなのです。

連載が始まるときにキャラクターの基本形みたいなものを描いて、目につくところに貼り付けてました。

 

あと、主人公のモデルを実在する俳優さんで決めておいて、その俳優さんの写真を観ながら描いてました。

今回の主人公はハリーポッターのダニエル・ラドクリフさんのイメージにしたら面白いのではと思って、勝手ながらモデルにさせてもらいました。描いてみて、似てなくても良いんです。ただ彼を描いてるんだという気持ちだけで続けた感じです。

 

漫画などで、登場人物の見た目が特徴的なことがよくあると思うのですが、例えばバカボンのパパは鉢巻だし、サリーちゃんは髪の色が明るい茶色だし、ドカベンの岩鬼の口から芽(?)が出てるとか、ああいうのって見分けがつけやすいようにやっているのかなと思ったりしました。サザエさんの不思議な髪型も、ブラックジャックの髪の色なんかもそうなんじゃないかなあ。

私も今回それに習って、登場人物たちの見た目を工夫したりもしました。

 

それにしても…、漫画の例えが時代を感じさせてしまいますね。。書いたあと読み返して、同年代の人しか話が通じないのではないかと心配になってきました。それぞれにリンクを付けてみたのですけどいかがでしょう。

サリーちゃんの検索をしたら「魔女っ子コレクション」なんて書いてあって、「魔女っ子」っていうネーミング可愛いなと思いました。

魔女っ子といったら私の世代はメグかな。

当時、雑誌の全プレかなにかでもらったハートのペンダントは今でも宝物です。

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

 

| 絵について考える | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
バランスセンス

ロスにならなかったなんて強がっていましたけど、最終回から一週間が過ぎたあたりから時間が経つにつれてじわじわと、やっぱり寂しくなってくるものですね。

ドラマ「おっさんずラブ」の話です。

全話を録画していたので1話から観なおしたりして、今になっていろんな人たちの気持ちが解るところもあって、再び大笑いしたり大泣きしたりしてます。(部長の乙女モードと仕事モードの切り替えがかっこ良くて大笑いです)

少々情緒不安定になってしまいそうな気がしてきたので、気分転換を兼ねて観たかった展覧会へ行ってきました。

 

五木田智央さんのPEEKABOOという展覧会です。

先日のEテレ日曜美術館アートシーンで情報を知って、目がさめるような衝撃を受けて絶対観にいかなきゃと思ったんです。

 

気味の悪さと面白さとか、怖さとエロチックと笑いとか、乱暴と几帳面と上品みたいな、難しいバランスがものすごいセンスでまぜこぜになっている印象。本当にアメリカのどこかにこういう人たちが住んでいるような気がしてくる。

作品のでっかさ(小ささも)、全てがモノクロなのも気持ちが良かったです。

展示作品を写真撮影してもいいとのこと、私は撮りませんでしたけど皆さん思い思いに撮影なさってました。

 

私は自分の作品も、自分自身に関しても、なにかひとつ殻から出たい気持ちがあって、でもまだ自分のチカラが足りないし勇気も足りなくて模索してばかりなのですけど、今回少しヒントをいただいたような気分になりました。

 

西新宿の東京オペラシティアートギャラリー、6月24日(日)までです。

京王新線の初台駅が近いですけど、私は小田急線の参宮橋から歩いて行きました。オペラシティが背の高いビルなので目印になって道に迷いませんでしたよ。

帰りは新宿駅まで歩きました。途中ドトールで休憩を挟みつつ。

よく歩いた〜。

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

 

| 展覧会など | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛って‥

ドラマ「おっさんずラブ」(普通に漢字変換したら「おっさんズラ部」こんな文字になった!)、前回は衝撃のラストで眠れなくなり、今回の最終回も…眠れるわけがない。ラストは思わず両手で目を覆ったのですが、指の間からしっかり観ました。ステキだった。

 

いわゆるトレンディーな恋愛ドラマの王道のようなストーリー展開なんですけど、男の人が男の人を取り合う三角関係みたいな人物設定。コメディでもあり、凄い俳優のみなさんが面白いことを全力で演じてくださっていて、本当によかったです。

登場人物たちが性別も年齢もあんまり問題にしてないような態度も新しいと感じたし、“愛”ってなんなんだろうって考えさせられました。

 

私は高校生の頃、本当に仲良しの同性の友人と遊んでいてずっと死ぬまでこうしていられたらいいなと思っていたんです。異性だったら結婚したいのになあと思ったこともありました。お互い異性の好きな人はいたんですけどね。そんなことを思い出しました。

 

ドラマが終わってしまって「ロス」になるかと思いきや、お祭りのような最終回で満足したのか落ち込むというより清々しい気分です。

林遣都さん、ますます好きになってしまった。

 

 

(最終回は6月16日まで無料でこちらで観られます、もしよかったら)

 

 

 

JUGEMテーマ:illustration

 

 

| そのほか | 02:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
眠れなくて

アマリリス、あれから次々に咲きました。

咲いている間にスケッチができなかったのですけど、写真だけ撮っておいてそれを観ながら昨日描きました。

ちなみに、この写真です。

昨日はドラマ(おっさんずラブ)を観て、あまりにも悲しくてね…眠れなくなってしまって、心を落ち着けたくてスケッチしたのでした。

林遣都さんの役がセツナイです。

ドラマなんだからって自分に言い聞かせても泣けちゃうんですよ。。なんでしょうね、歳のせいかなあ。

 

そういえば『火花』のときも林遣都さんには泣かされましたけど、今回は今週のラストシーンも来週の最終回の予告編も「うそでしょ?」と思わず呟いてしまったほど衝撃で、気持ちの整理ができなくて心が乱されっぱなし。

今も思い出してしまって、また眠れなくなりそう。

あ〜ん。

 

 

JUGEMテーマ:illustration

| そのほか | 01:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
そして咲きました

アマリリス、昨日一輪めが咲きました。

前回の記事に蕾が4つと書きましたが、よく観たら5つありました。

花が大きいので迫力があります。

 

絵に描きたいですけど、ちゃんとした絵をと思うとなかなかハードルが高くなっちゃうので、ひとまず花が咲いているうちにスケッチしようかな。くらいの気持ちでいます。

 

 

| - | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひさしぶりのアマリリス

まだ4月だったよなあと季節を勘違いしてしまいそうなくらい気温が高いこの頃。

いつもなら5月の末頃から6月はじめくらいに花を咲かせている我が家のアマリリスがぐんぐん蕾の茎を伸ばしております。

このアマリリスくん、この2年くらいは花を咲かせていませんでした。久しぶりなうえに4つも蕾を持ってくれて嬉しいです。

楽しみ。

 

こちらは2月頃撮影したシクラメンです。

毎年花を咲かせてくれてましたが、今年はいつもよりいっぱい花をつけました。

上から見たらぎゅうぎゅうなのが分かっていただけますかしら。

今はもう花は全部終わって葉っぱだけになってます。

シクラメンって夏の越し方としてお水をあげないで眠らせる方法と、ずっとお水をあげ続ける方法があるようですけど、私はずっとお水をあげてます。

 

私は花を描くのがちょっと苦手なのですけど、絵のお仕事をするようになって意外と花や木を描く事が多くて、その都度もっと練習しておけばよかったと焦ります。

このシクラメンも描こうと思いながらなかなかできなくて、花が終わらないうちにひとまず写真に撮ってあとで描くぞと思いつつ、まだ描いてません。。

やらなきゃな。

 

そこいらじゅうでサツキも花盛りで贅沢な気分。

 

 

 

| そのほか | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
オジサンの色気

今日は寒いですなあ。どんな服装したらいいかわからないです。

 

ありがたいことにこの頃お仕事がちょっと立て込んでいて、そうなると毎日の楽しみは音楽くらいになってきます。

今よく聴いているのがGOOD VIBRATIONSというアルバム。

元キリンジの堀込泰行さんが新進気鋭のアーティストとコラボレーションしているアルバムです。

一曲一曲が全然違う魅力で、それぞれのイイところを丹念に磨いたような感じがして良いです。

泰行さんのオトナのというより、オジサンの色気を感じます。

 

私は、キリンジのアルバム「3」は持ってますけど、あとは泰行さんのソロ曲なんかも含めYouTubeでよく聴いている程度でして、時系列を無視して断片的な聴き方をしてしまっているのでよく知らないのですけど、現在の泰行さんのオジサンになった感じが絶妙にイイような気がする。そう感じてしまうようなアルバムだと私は思うのです。

カッコイイとかセクシーとかでは済まされない、一癖ある気になるオジサン(オジサン、オジサンって失礼かな?)目が離せない感じの。

とはいえ私より年下なんですけど。。

そのアルバムの中の一曲目、D.A.N.とのコラボレーション「EYE」はMVがちょっと怖いけどそこがまた良いんですよね。

 

とりとめなくなっちゃって、スミマセン。

 

 

| 音楽 | 20:02 | comments(2) | trackbacks(0) |
癒しの歌声

花粉症の症状を和らげるかなと思いながら100%のカカオを食べ続けていましたら、渋くて苦い味にもだいぶ慣れてしまいました。

今や甘いものと一緒にではなく、まんまで食べてます。おいしい。緑茶にも合う気がします。

食べているのはおかし作り用のもので、直径2センチくらいの平たいコイン型と言ったらいいのかな。一粒を口に入れてゆっくり溶かすというのを1時間に1〜2粒くらい食べてます。

花粉症の症状は、昨日は目の周りがかゆくて鼻水が止まらないかんじでしたけど、今日は目の周りの痒みは全く無くてくしゃみもたまに出るくらい、鼻水もほとんど止まってます。今日は風もあまり吹いてなかったですけどね。

 

お仕事が大詰めというか頑張りどきで追い込まれているような気分なのですが、バシュティ・バニヤンの歌声でなんとも癒されてます。

アルバムは「Lookaftering」っていうのを一枚持っているんですけど(このアルバムもとても好き)、いま聴いているのは「Just Another Diamond Day」というアルバムです。

YouTubeにて聴いてます。違法かもしれませんけど…。

このアルバムも欲しい。

がんばろっと。

 

 

| 音楽 | 02:37 | comments(4) | trackbacks(0) |
カカオのオカゲか

暖かくなると体が自然と動くし気分もやる気になってくるものですね、部屋の床を雑巾がけしたりしてじんわり汗をかきました。

さっぱりしたんですけど、風が強いこともあってか花粉症がシドい状態に。

いつもお薬はできるだけ飲まないで耐えているので、常備してないんですお薬。

買いに行こうか迷いつつ、なにかウチにある食べ物で効果があるものってないのかなと思いまして調べたらね、カカオが良いらしいという記事を発見。

私、毎朝カカオ100%のチョコをはちみつやナッツと一緒にトーストに乗せて食べているんです。アマゾンで1キロ入りのやつを買って、これは常備してます。

ひとまず試してみました。

このカカオ100%だけだと食べにくいので、普通の甘いチョコと一緒にたくさん食べてみたのです。そしたら、プラシーボ効果かもしれませんけど少し症状が治りました。

 

どうなんでしょうね、本当に効いたのかな?

でも胃はもたれましたよ。

 

寒暖の差が激しくて、体調管理が難しいですね。

どうぞお気をつけて。

 

 

 

| そのほか | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
血豆レポート

このまえ自転車のタイヤに空気を入れていて作ってしまった人差し指の血豆、ついについにポロポロと取れました。

ぷっくり楕円の形に膨らんでいた血豆があれからカチカチに固まりまして、ある日、楕円の縁の皮が部分的に剥がれて(痛みはほぼゼロです)いることに気づきました。剥がれたところから血の塊が見えて、黒いガラスのように光ってるんです。

私が小さい頃、血豆の中からプラスチックのようなつぶつぶが出てきたと思ったのは、このガラスのような血の塊が粉のように砕けた状態だったのかな?

皮が剥がれた部分を自分で広げて(これも痛みほぼゼロですので)中の血の塊をポロポロと出して、すっかり何もなくなりました。

血豆があった場所は今は楕円形に皮が一枚剥がれていて、一枚ない分、何かに触れると多少の刺激はありますけど、見た目は綺麗さっぱりしてます。絆創膏も消毒もせずになんとか治りそうです。

 

このところ生活のリズムがすっかり狂ってしまって早寝早起きからは程遠い毎日です。

まあいっか、と思うことにしようかな。

 

 

 

| そのほか | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/65PAGES | >>